家具配送の安い業者がかんたんに分かる!

家具の配送は、どこが安いのかって分かりにくいですね?

その安い業者をかんたんに調べるサービスが無料の一括見積もりなんです。

早速、家具の配送が安い業者をチェックしてみる⇒⇒
(最大差額50%OFF入力かんたん1分!利用実績3000万件突破の引越し侍)

参加中の大手業者

一括見積もりには、運送業者から引越し業者まで、沢山の業者が参加しているので、

家具配送が安い業者を探すには、うってつけの無料サービスなんです。

 

実際に、一括で料金を比較する事で、運賃が半額以下にまで下がったなんて実例もあるんですよ。

もったいないですよね?

本当は安く運べるところもあるのに、高いとこで配送してしまうのは。

 

だからこそ、同じ条件で各社の料金比較がとっても大切なんです。

ベッドやタンスなど大型家財は、ほんの近距離を運ぶのにも高くなりがちなお荷物です。

 

もちろん、大切な家財を運んでもらう訳ですから、ただ安価なだけの業者では安心できませんね。

 

数ある一括見積りサービスの中でも、国内の最大手が参加しているサービスだけで比較される事をお勧めします。

 

家具の配送の料金相場を調べるためにも、安い業者を見つけるためにも、ぜひ一度お役立て下さい!

 

完全無料!料金比較の無料一括見積もりサービス『全国対応』

 

引越し侍

見積もり比較で最大差額50%の引越し侍は、大手~格安業者まで230社以上が参加中です。

日通や佐川といった大手業者から、地元の格安業者まで最大10社の比較をすれば最安値も見えてきますね!

引越し侍は料金だけじゃなくサービス内容も比較できるので、満足度は95.2%と今人気のサービスです!

ご利用された方限定で、最大10万円キャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中です。

詳しくはこちら⇒⇒

 

ズバット一括比較

同じ条件でもネット見積もりで料金が変わるズバット比較は、かんたん1分の無料サービスです。

クロネコヤマトから福山通運など大手の運送業者を筆頭に地元で活躍する激安業者までが参加中です。

全国220社の中から最大で10社までの見積もり比較が出来ちゃいます。

家具の配送で無駄使いをしたくない方には一度チェックしてみましょう。

詳しくはこちら⇒⇒

 

ライフルかんたん見積もり

最大で50%割引のライフル見積もりは、130社の中から対応できる業者の見積もりを選択する事が出来ます。

たとえば、この会社の見積もりだけ欲しい、他のは要らないなどの選択が自由に出来るので、あまり多くの見積もり額が必要の無い方にはお勧めです。

こちらもヤマトホームコンビニエンスからアート引越センターなど大手~赤帽の各営業所まで幅広く参加中です。

キャッシュバックキャンペーンも期間限定で行われているお得な無料サービスです。

詳しくはこちら⇒⇒

 

全部完全無料でご利用できます!もし、料金が合わなければ無理に契約する必要はありません。

 

 

配送前に準備が必要な家具ってあるの?

家具を配送する前には、こちらで準備が必要なケースも御座います。

本来であれば、依頼した運送業者に確認するのがベストですが、事前に知っておきたい場合は一度ご確認ください。

タンスの引越し準備は?

整理タンスの中身は、そのまま運べる場合と、別途段ボールに移さないと運べない場合に別れます。

例えば、2階に上げるなど搬入先の条件やタンス本体の重量によって、運搬方法が変わるためご注意ください。

重さがかさみ、そのまま運ぶと、タンスの底抜けやきしみ、扉が閉まらないなどの原因にもなるため、中身の対応は依頼した業者にお尋ねするようにして下さい。

また、タンスの中でハンガーがけしてある衣類は、業者によりそのまま掛けて運べるハンガーボックスの無料提供してくれる場合があります。

チェストのようなプラスチック製品の場合は、衣類のみのように中身が軽い場合だとそのまま運べるケースもあります。

 

ベッドの引越し準備は?

ベッドの引越し準備は、折り畳み式ベッドは折り畳み、また解体できる木枠のベッドフレームはそのまま運べないため、解体が必要です。

(ただし、フレームのサイズによってはそのまま運べる大きさもあるため業者との確認を行って下さい。)

解体後のネジ類は紛失しやすいため、破れ防止にビニール袋を2重にして運ぶようにして下さい。

マットレスは当日に専用の梱包材で荷造りを行いますのでそのままで大丈夫です。

注意点として、イケアやニトリのベッドフレームは特殊なネジ、接着剤を使っての組み立てタイプもあるため、見積もり時には必ずベッドの種類について説明をされるようにして下さい。
(組立てが難しいベッドフレームだと、業者により当日運搬不可となるケースもある為です。)

布団も一緒に運ぶ場合は、布団袋の無料レンタルを行ってくれる業者もありますのでお尋ねください。

また、レンタルが無い場合は、布団圧縮袋を使う事で汚れず、荷物の体積を減らす事が可能です。

 

テーブルの引越し準備

ダイニングテーブルや座卓、また付属する椅子もこちらで解体する必要はありません。
ただし、運送業者だと別途解体料金が必要になりますが、引越し業者への依頼の場合だと基本料金に含まれるのが一般的です。
解体組み立て料金

  • クロネコヤマト:分解3000円、組立て4000円
  • 佐川急便:30分、3000円、1時間、6000円

また、学習机の場合だと、中身を全て出して別途段ボールに移し替える必要があります。
ガラス材や木材のテーブルは故障や傷が付きやすいため、解体時と組み立て時には破損個所が無いかの確認が必須です。

 

ソファーの配送準備 

ソファーは、足を外せるタイプであれば外して、ソファーベッドのように解体できるタイプは細かく分解します。
基本的に配送準備は業者にお任せで大丈夫ですが、一体型の大型ソファーの場合サイズの確認だけは怠らないようにして下さい。

搬出時では問題無くても、搬入時に立地条件や間取りによってはソファが入らない問題が出てくるためです。

可能な限り、配送先の搬入経路のサイズを測り、見積もり時に業者に確認してもらうようにして下さい。

また、ソファの表面は傷が付きやすい素材のため、荷造りの確認と、搬送後の傷のチェックも必ず行うようにして下さい。

 

食器棚の配送準備

食器棚は中身のコップやグラスお皿類は、必ず別のダンボールを用意して、新聞紙でくるみ梱包するようにして下さい。

インクの付着防止のため食器包装用のクレープ紙での梱包がベストですが、無い場合は新聞紙で問題ありません。

また1枚ずつくるむのは手間がかかる場合は、まとめて重ねてそのまま新聞紙でくるむ方法もあります。

(アート引越センターでの依頼なら、食器類をそのまま梱包できるエコ楽グッズを準備してくれます。)

その他の業者でも、梱包が便利なグッズがあるので見積もり時にお尋ねください。

食器類の荷造りは一番気を使い、時間がかかる作業のため、サービス内容の比較は重要です。

荷造り完了後は、念のためガムテープを閉じずに、食器類を梱包した中身を配送業者に確認してもらうようにして下さい。
後は、段ボールに割れ物注意天地無用などシールを張って完了です。

また、食器棚のガラス板は割れやすく、傷が付きやすいため業者の梱包方法も要チェックでお願いします!

 

 

 

ページ上部へ戻る